のぼりを自分でデザイン制作するときのポイント

オリジナルののぼりのポイントは欲張りすぎない事です。あれもこれもと詰め込みすぎては逆に印象に残らないものが出来上がってしまうかもしれません。

のぼりを自分でデザイン制作するときのポイント

オリジナルのぼり制作のポイントは“欲張らないこと”です。

基本的なのぼり制作のポイントを含め、概略をお話ししましょう。

●短く、分かりやすく、単純明快に。

オリジナルのぼりだからと言って、好き勝手にいろいろ詰め込んでしまうのはセオリーに反します。

基本は「短く、分かりやすく、単純明快に」です。

その他、オリジナルのぼりで陥りやすいのが、新発売とか新登場といった定番のフレーズを嫌ってしまうことです。

定番フレーズは、それだけで日本人なら誰でも共通認識している文字や言葉のことなので、独特の言い回しをする必要はありません。

かえって認知力が弱まり損するだけです。

●どこにでもある取り付け用具。

のぼりの取り付け用具は、のぼり専門店であればどこでも置いています。

ポールと呼ばれている竿と、注水台と呼ばれる重石が基本です。

竿はとてもカラフルで複数色をセットにして1,000円からあります。

重石のほうは白、黒、グレーが基本で、2つをセットにした製品で10,000円程度です。

折りたたみ式のポールスタンドなどもあります。

●オリジナルのぼり制作のポイントは、「要素を絞ること、欲張らないこと」です。

取り付け用具は専門店ならどこにでも置いています。

のぼり制作にはセオリーがあります。

専門店に行ったらプロのアドバイスを大事にしましょう。

アレコレ、入れすぎないことです。

短いフレーズとはっきりした発色のいい色を基本に。

取り付け用具はどこのお店にでもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
のぼりのキメ手 Copyright (C) rightcyberup.org. All Rights Reserved.